Mysterious iPhone Wallpaper Blog

スポンサーリンク

2015年6月3日水曜日

夏の風物詩、金魚すくいとヨーヨーつりの水面が動くiPhone壁紙

注)金魚とヨーヨーは動きません。

記事公開時のOS:iOS 8.3


脱獄不要の涼しい壁紙。iPhone 6/6 Plus/5/5s/5c (iPod touch) 用、iPhoneを動かすと波紋が生じる水の壁紙に夏祭りの定番金魚すくいとヨーヨーつり(水風船)を追加しました。ご覧のとおりスクリーンショットにも写るレベルで波うつ壁紙です。
リンク先の一番下にあります。


ダウンロードページ ▶︎ 水の壁紙 Water
視差効果オンのままご使用ください。

同じモチーフで動かない明るいバージョンも作りました。カテゴリも新設しています。

金魚すくいとヨーヨーつり(水風船)のiPhone壁紙

ダウンロードページ ▶︎ 四季(夏)の壁紙 Seasons of Japan(Summer)

対応機種はiPhone 6/6 Plus/5/5s/5cとなっています。
まだ夏だけです。徐々に追加する予定です。


不思議ポイント - 水の壁紙

水面が動く壁紙シリーズは規則正しい格子模様とパララックスエフェクトの画面の動きによって液晶画面にモアレ(格子状に並んだ素子との交差による干渉縞)を発生させます。

人の動きに加え、iOSが傾きに合わせて作るパース(奥行き感の演出のため画像を歪めているようです)によってモアレの形が崩れて波紋のように見えるしくみです。
より波っぽく見せるには斜めにくるくる動かしてください。

理屈の上では画面の明るさの変化分を除けば、通常の視差効果オン状態以上にメモリやバッテリーを食うこともありません。もっとも眺める時間が長くなると電池は普通に減りますのでご注意ください。

モアレを作るためには格子と背景に明暗差が必要で全体的にコントラストも高く暗めになります。そのためiOSのホーム画面では白文字となり全体的にさらに暗くなります。
また、iPhone 6 PlusとiPhone 5では元々暗さの程度が違うようです。

iPhone 5ではより暗めです

iPhone 5では一段と暗くなっています(なぜ機種で暗さ加減が変わる仕様に?)。


不思議ポイント(?) - 四季の壁紙

夏の壁紙の方の金魚すくいとヨーヨーつりはホーム画面が暗くならないように作りました。
加えて今回の最初の4枚ではドックやフォルダの境をぼかす色を背景に使用しています。ドックとフォルダが背景の色調を維持するためかそれ以上明るくならない薄めの有彩色です。自然な感じでドックが背景に溶け込む仕掛けです。下に行くにつれ薄くすると背景色がドックスペースを侵食して空間を広く見せる効果があります。
しかし同様の効果を持つ「境界のない壁紙」には含めていません。その機能だけの同シリーズとは異なり、ドックがどう見えるようになっても成立はするスタンダードな壁紙です。

それぞれ暖かみを加えて彩度を落とした和風色バージョンも揃えています。


一身上の都合で忙しくなってきたところにちょっと丁寧に作っていたため更新が空いてしまいました。少しずつ暇を見て数日がかりで1枚ずつ仕上げる感じです。(^^;

0 件のコメント :

コメントを投稿

follow us in feedly


スポンサーリンク